Endless Summer エンドレス・サマー【サーフィン映画】感想

スポンサーリンク

サーフィン映画

「Endless Summer エンドレス・サマー」

CAST マイク・ヒンソン/ロバート・オーガスト

監督 ブルース・ブラウン

公開 1966年

永久不滅の伝説のサーフィンムービー。

サーフィンを深く愛したブルース・ブラウンと実在する二人のサーファーのドキュメントです。

ずっとナレーションです。

カリフォルニアのサーファーである21歳のマイク・ヒンソンと18歳のロバート・オーガストは理想の夏と誰も乗ったことがない最高の波を追い求め世界中をさまよい旅をします。

危険な波にも果敢に挑戦し、終わりなき夏を探す2人の姿に感動を覚えます。

撮影には3年半を要したらしく、60年代を考えると秘境と呼ばれる場所での撮影は困難を極めました。

訪れたサーフスポットはセネガル、ガーナ、ナイジェリア、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、タヒチ、ハワイなど。

サーフィンをする人であれば解ると思いますが、誰も入ったことがない海でサーフィンをすることは非常に恐怖です。

ドキュメンタリーのため、特にストーリーがあるわけではないのでサーフィンに興味がない人は面白さが解らないかもしれません。

が、60年代のサーファー文化を体感できる伝説的サーフィン映画です。

サーファーであれば1度は見ておきたい作品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク