ブルー・ブルー・ブルー【サーフィン映画】

スポンサーリンク

サーフィン映画

「ブルー・ブルー・ブルー BLUE BLUE BLUE」

CAST ラクラン・ブキャナン/ハビエル・サミュエル/レシャード・ストリック 他

監督・脚本 ダン・キャッスル

制作 ナオミ・ウェンク

製作 2008年

若さ溢れる熱い少年達のストーリー。

舞台はオーストラリアの港町ニューカッスル。

コンテストで優勝を目指す17歳のジェシー。

夢を掴むために努力は惜しまなかった。

自他共に才能を認める彼の夢は、サーフィンで生計を立てて有名になり、労働者として働く父とは違う人生を歩むことである。

しかし、1週間後の大会では惜敗ながらまさかの予選落ち。

彼を励ますため友人たちはジェシーをサーフトリップに誘う。

そこにはジェシーが密かに思いを寄せるデブラもいる。

友人の両親の車で最高のサーフポイントに到着した彼らはキャンプファイヤーを囲み盛り上がる。

恋の進展、屈折した友情、孤独による暴走などいろいろあったが、早朝にはパーフェクトな波を満喫する。

サーフィンに懸け、海を中心に生きている少年達に憧れを感じました。

10代の頃にこのような生活を経験していたら、今とは全く違う人生になっていたことでしょう。甘酸っぱい思い出を思い出しそうになります。

若さとは誰もが持っている特権でもありますが、その時は気づくことができない特権です。

サーフィンシーンは迫力満点!

サーフィンの魅力と海の美しさが際立つ映画です。

迫力のあるライディングシーン。

美男美男による恋の行方も加え、クリスタルブルーの海を舞台に鮮やかに描いています。

サーファーなら好きになるであろう1本です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク