サーフィン パドリング上達の4つの心得

スポンサーリンク

サーフィンの為のパドリング上達

サーフィン上達に欠かせないパドリング

サーフィンを始めたばかりの頃は、 どうしてもパドリングのスピードが遅いと感じることが多いと思います。

必死に漕いでも、後ろからきた女性サーファーにすっと抜かれてしまうこともあります。

スピードを上げるためには二の腕や腹筋、背筋を鍛えることも必要ですが、しっかりと力を加えることができるパドリングのコツを覚えることが重要です。

パドリングはテイクオフの時にも重要になってきますので、早い時期に体に覚え込ませましょう。

また、常に力いっぱいパドルするのも体力的に限界がありますので状況に合わせて漕ぐスピードを変えましょう。

テイクオフするときや、沖に出る際の波が崩れる場所などは早くパドリングします。

ポイント内を移動するときは ゆっくりパドリングするとよいでしょう。

サーフィン上達の為のパドリングのコツ

1.目線は前に!

目線はついノーズを見てしまいがちですが、 あごを上げて進行方向を見るようにすると、 自然と胸を反ることができます。

しっかりと沖の方向を向いてパドルするようにしましょう。

2.胸を反る

上半身を反ると、お尻や太ももの筋肉も動員できるため、 肩だけでなく、背筋も使える体勢になります。

上半身を反ることで、おへそがバランスの中心になるので安定します。

また、立った時とほぼ同じ位置に体重がのるため、 スピードがつきやすいです。

3.足を閉じる

足を閉じると、初めは左右に体が揺れて不安定になりますが、足はなるべく閉じてパドリングするようにしましょう。

上級者を観察すると分かりますが上手い人ほど足を閉じていたり、足を組んだままパドルしています。

4.最後までかく

手は途中で抜かず、最後までしっかりとかき切ります。

レールに沿ってお尻の横まで手を持っていくイメージで漕ぎます。

また、同じ深さパドリングするよう意識しましょう。

サーフィンのパドリング上達を妨げるNGな姿勢

1.胸が反れていない

胸が反れていないとしっかり漕ぐことができず、 またボードに対して体重のかかる位置がずれてしまい、スピードが落ちます。

2.足が開いている

足を広げてしまうと、パドリングの力が分散してしまいます。

また、水の抵抗を受けやすくなるため、なるべく閉じるようにします。

3.ポジションが違う

後ろすぎるとボードと接水面に抵抗力が生じ、前すぎるとノーズが沈みます。

指先がノーズに届く辺りで腹這いになりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク