サーフィンの大事なルール&マナー

スポンサーリンク

サーフィンのルールとマナー

サーフィンにはルールやマナーがあります。

サーフィンは自然の中で行うスポーツなので、自分の好きに楽しめるようなイメージがありますが、海のスポーツでも厳格なルールマナーがあります。

これからサーフィンを始めようとする方や、サーフィンを始めて間もない方には是非熟読してもらい項目です。

サーフィンの為のルール、マナー。

1.海のコンディションや体調管理

サーファーは海の中では自分1人です。

自分の行動に責任を取らなければなりません。

初めは経験豊富な先輩と一緒にサーフィンに行くか、スクールに入るとよいでしょう。

ルールやマナー、テクニックなども教えてもらえるでしょう。

2.1 wave 1 man

1本の波で1つの方向に乗れるのは1人だけです。

これは必ず守らなければいけません。

ピーク優先が原則なのでドロップイン(前乗り)をしてしまうとトラブルになる可能性が非常に高いです。

ドロップインは事故にもつながりやすいので絶対にしてはいけません。

3.ゲッティングアウト

沖に向かってパドリングをしている時、ライディングしているサーファーを妨害してはいけません。

ゲッティングアウトする時は迂回するのがルールです。

ライディングしているサーファーと接触しそうになったら、波に乗っているサーファーの進行方向ではなく波が崩れている方向にパドリングすることが基本です。

4.サーフィンをするポイント

初心者は誰もサーファーが入ってないポイントは避けましょう。

カレントが強かったり、気が付かない危険が潜んでいるかもしれません。

かといって非常に混雑しているポイントもお勧めできません。

1つの波に1人しか乗れませんから、なかなか波に乗ることができませんし、トラブルや事故にもなりやすいです。

多少波質が悪くても、割と空いているポイントの方がサーフィンを楽しめるでしょう。

5.駐車ルール、ローカルルール

サーフィンに行く際は、車を利用することがほとんどでしょう。

人気のサーフィンスポットになると駐車する場所がなかなか見つからない場合がありますが、違法駐車はやめましょう。

駐車が許可されている場所以外では誰かが迷惑します。

また、初めて入るポイントではローカルルールに気を付けましょう。

土地柄によって様々なルールがあるので、海に入る前によく観察をしたり、ローカルサーファーに聞いてみたりしましょう。

6.ゴミは必ず持ち帰りましょう

a0011_000218_m

いろいろなポイントでサーフィンをするようになるとゴミが多いポイントがあります。

社会のルールは当然守りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク