サーフィン 波待ち上達の3つの心得

スポンサーリンク

サーフィンの為の波待ち上達

サーフィン初心者の波待ち

サーフィンを始めたばかりの時、波待ちは難しく感じると思います。

なんとか頑張ってパドリングをし、ポイントまで到達すると、次は波待ちです。

腕がパンパンになっているので休憩したいことでしょう。

しかし、周りを見渡すと必死に波待ちをしているサーファーなんていないので、必死になってボードから落ちるなんてことは恥ずかしいと思ってしまいます。

気にしなくて大丈夫です。

誰もが初心者の時はあったのです。

何回も繰り返し練習すると、必ず出来るようになるので周りのサーファーを見本にして練習を繰り返しましょう。

波待ちができるようになると、目線が高くなるので遠くまで見渡せることができるようになります。

早くうねりを見つけることができると、早めの動作に移れます。

波待ちをしていると、周りのサーファーが一斉に沖に向かってパドリングしていく時が多々あります。

沖の方から大きめのうねり(セット)がきている証拠なので一緒にパドリングしましょう。

セットで来ている波の3、4本目くらいにチャンスが回ってくることがあるので、周りのサーファーと同じような行動を取るとよいでしょう。

サーフィン波待ち上達のコツ

波待ちをマスターするコツは、なるべくリラックスして、早く安定する場所を見つけることです。

1.ボードの中央よりやや後ろに座り、両手でレールをもって姿勢を正す

ボードの中央よりやや後ろに座ると、板の先が少しだけ海面から出た状態になります。

そのままレールを両手でつかんで姿勢を正すことが一番安定するスタイルです。

背筋をピーンと伸ばしましょう。

猫背では安定しないし、見た目もカッコ悪いです。

目線はボードを見ないでなるべく遠くを見た方が安定します。

2.方向転換の方法

体をひねりながら片方の手で漕いで、足は回転させます。

板は体に引き寄せた方がスムーズに方向転換ができます。

うねりが来るかどうかを見ながら波待ちをするので体の向きは沖に向かっています。

うねりがきたらすぐさま方向転換してパドリングを始めなければいけないので素早く回転できるようになりましょう。

3.波待ちをする場所

始めたばかりの人はどこで待てばいいのか分からないものです。

そんな時は周りの人と同じところで待つ方がよいです。

なるべく上手そうな人の邪魔にならない場所で待ちましょう。

また、自分が流されていないかを確認するために岸側の建物などに目標物を定めておいた方が安全です。

波待ちは何回も繰り返し練習することが必要です。

サーフィンをしていると自然と上手になっていきますが、ボードに腹這いになって待つのではなく、ボードに座るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク