サーフィンを始める前に

スポンサーリンク

サーフィンを始める為の準備

早く波に乗りたい気持ちは分かりますが、サーフィンライフを充実したものにするために準備が必要です。

サーフィンの道具はサーフボードとウエットだけだと思ったら大間違い。

まずは波乗りに欠かせないアイテムを紹介します。

・サーフボード

色々なサイズや種類があります。

ショートボードロングボードファンボードがあります。

まずは、ショートボーダーになるのか、ロングボーダーになるのかを選ぶ必要があります。

私(RIO)はショートボーダーですが、ロングをしている友達もたくさんいます。

サーフボードの選び方(初心者編)

⇒サーフボードの選び方(レベル別編)

⇒サーフボードの選び方(波質別編)

・フィン(スゲッグ)

FCS、フューチャーフィン、オンフィンがあります。

FCSとフューチャーフィンは取り付け方が違うので注意が必要です。

オンフィンはボードと一体型のものです。

一般的なFCSを選ぶのがよいでしょう。

私(RIO)はFCSのものと、オンフィンのボードも1枚持っています。

・ウエットスーツ

ウェットスーツは季節やポイントによって全然違います。

体温を維持してくれたり、怪我から守ってくれます。

春、秋はジャージ素材のフルスーツ、夏はスプリング、冬はセミドライがあれば良いです。

フルスーツはオーダーがお勧めです。

まずは、3mmのフルスーツとロングスプリングをお勧めします。

⇒ウェットスーツの選び方

・リーシュコード(パワーコード)

サーフボードと自分をつないで板が流れてしまうのを防ぎます。

安全の為にもリーシュコード使用はサーフィンのルールです。

たまに上級者でリーシュコードを使用していないサーファーがいますが、必ず使用しましょう。

ショートボード用ロングボード用など板の長さによってコードの長さが変わってきますので購入の際には注意が必要です。

⇒リーシュコードについて

・ボードケース

陸上でのボードのクラッシュや日焼けを防ぎます。

持ち運びにも便利です。

ハードケースは電車に乗るときや飛行機に搭乗する時などに使用します。

ソフトケースは自宅から車で移動するときなどに使用します。

・デッキパッド

ボードのテイル部分(後ろ足部分)に貼る滑り止めです。

テイクオフの際に足を置く場所の目安にもなります。

ワックスと併用して使うのが一般的です。

⇒デッキパッドの選び方

・ワックス

気温や水温によっても使用するワックスは選ぶ必要があります。

しっかりグリップする種類を選びましょう。

下地のワックスを塗ってから季節に合ったワックスを塗ります。

⇒ワックスの塗り方

その他 あったら必ず役に立つ小物たち

サーフィンは一度物を揃えてしまうとさほどお金がかからないスポーツです。

また、サーフィンは上達が難しいスポーツですので、努力して少しずつ技術を身に着けていかなければいけません。

困難だからこそテイクオフが出来たとき、ボトムターンが出来たとき、なぜかカットバックができたとき、などなど多くの感動があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク