サーファーの為のサーフィン用防水腕時計「タイドグラフ付き」

スポンサーリンク

サーフィン用防水腕時計は必要か?

サーフィン用の腕時計を持っていなかった時。

海の上では、つい時間を忘れサーフィンに没頭してしまうことがあります。

あと1本乗ったら帰ろうと思いながら、海から上がると3時間以上経っているなんてことがよくありました。

そこで【サーフィン用の防水腕時計】を購入することにしました。

購入の際に気を付けたポイントは

1.防水機能がしっかりしている

10mだとすぐ壊れるだろうから、100m防水以上にしよう。

2.タイドグラフが付いている

なるべく見やすいもの、なるべく操作のしやすいものにしよう。

3.見た目

もちろんカッコいいもの!

の3点で探しました。

ちなみにタイドグラフ付きとは、潮の満ち引き具合がこれからどうなるのかが、時計にグラフで表示されるものです。

潮が動いている時間や満潮の時間などが分かるので、予定を立てるときの目安となります。

サーフィン用の防水腕時計を購入しました。

悩みに悩んで、思い切って2種類を購入しました。

両方ともにお手頃価格です。

ニクソンのローダウン2(NIXON THE LODOWNⅡ)

ニクソン ローダウン2

フリースタイルのシャーククラシック(FREE STYLE SHARK CLASSIC TIDE)

freestyle shark classic tide

まずはタイドグラフを反映させるための設定です。

両方設定しましたが、ローダウンの方が使い易かったです。

タイドグラフの見た目も、ローダウンの方が気に入りました。

着け心地もローダウンの方がしっくりきました。

結局ずっとローダウンを使っています!(笑)

フリースタイルは、海水浴などのサーフィン以外のときに使うようになりました。

せっかく買ったので。

サーフィン用腕時計のメンテナンス

海から上がったら水洗いをしよう

実は愛用していたローダウンを壊してしまいました。

原因は海水の塩です。

ボタンの隙間に塩が詰まって押したボタンが戻らなくなり、結果液晶が消えました。

海から上がったら乾かす前に水洗いをした方がよいです。

現在、2代目ローダウンを使っています。

海の上で知らない人に話しかけられます

波待ちをしているときに近くの人から

「今、何時ですかー?」

と聞かれます。

これ、意外と嬉しいです。

一言だけですが、なんとなく「仲間」みたいな気分になります。

以前は、パドルする時や、テイクオフする時に邪魔になると思っていました。

しかし、時間管理ができ、慣れてしまえばほとんど邪魔にならない腕時計は必須アイテムと
なりました。

サーフィン用防水腕時計おススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク