陸上練習 カーバー(CARVER)はサーフィンの役に立つのか?

スポンサーリンク

カーバー(CARVER)はサーフィンに役立つ?

サーフィン歴が半年~1年くらいになってくると、テイクオフは出来るけど、そこから伸び悩んでいる方は多いと思います。

RIO(著者)のように週末サーファーの場合、2~3年サーフィンしてるんだけど、全然上手くならないという方も多いと思います。

ここで結論を言いますと

カーバー(CARVER)サーフィンの役に立ちます!!

カーバー(CARVER)を使う理由

反復練習

サーフィンが上達しない理由は反復練習が出来ないからです。

10本波に乗っても、実際は1分くらいしかライディングしてないのです。

波に乗っている時間は非常に短いですよね。

特に初心者は、波待ちをしている時間がとても長くなってしまっていると思います。

そこでカーバーを使っての練習が、役に立つのです。

私がカーバーと出会ったのはサーフィンを始めてから5年目くらいの時です。

たまたま寄った九十九里のサーフショップの店長に、なかなか上手くならないと相談したところ、サーフスケートがいいよと勧められ、実際に練習の仕方を教えてもらいました。

購入したボードはこれ↓

carver venice

1台目は紛失してしまい、2台目です。

カーバーをサーフィンにつなげる

テイクオフ後のライディングが安定しないのはフォームやスタンスなどの基本が体に染みついてないからです。

海の上で基本を染みつかせるとなると、大変ですよね。

練習をする上で重要な点があります。

実際に波に乗っているイメージで練習する!

これ、非常に重要です。

また、カーバーだと足首をクネクネしただけで曲がれてしまうのです。

サーフボードだとそうはいきません。

しっかりと体重を落として、体重移動でターンをすることで基本のスタンスを繰り返し練習できます。

練習の仕方が分からない場合はカーバー用のDVDなどが出ていますので練習方法を勉強して、滑り込んで体に覚えこませます。

私は毎日、平日の仕事後に30分程練習をし、土日は海でサーフィンという形になりました。

すると、ある時!

無意識にカットバックが綺麗に決まりました。

パワーゾーンがなくなってきたから、戻らなきゃと思い、自然とカットバックになりロングライドとなりました。

上達したと感じられる瞬間でした。気持ちはウハウハです。

カーバー(CARVER)サーフィンの役に立ちます!

海で練習するだけの場合より、上達までの時間を短縮できると思います。

最後に重要なポイントを繰り返します。

波に乗っているイメージで練習する!

足首を使うのではなく、体重移動でターンする!

この2つを意識して練習すれば、必ずサーフィンの上達につながると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク