サーフボードの選び方(波質別編)

スポンサーリンク

波質によってもサーフボード選びは変わる!

波質によって何枚も板を変えていたら、お金がかかりすぎる。

けど、ハワイのノースショアと日本のビーチブレイクでは、当然サーフボードは変わってくる。

自分がよく行く海のコンディションと照らし合わせて、2~3枚は用意したいところだ。

ホレた波の時のサーフボード選び

アウトラインは細く、ロッカーは強め、レイルを薄く落としたサーフボード。

ホレた波用のボードは直進性を出すため、細くすることが多い。

テイクオフするときに急斜面を滑り下りることになるため、ノーズの反りを強めに入れて、ノーズが海面に突き刺さるパーリングが起きないようにする。

ホレた波は海面も硬いので、レイルは薄くし、波に食いつきやすくする。

ムネ~カタのファンウェーブの時のサーフボード選び

長すぎず、短すぎず、幅も普通のニュートラルなサーフボード。

波が良ければサーフボードノーマルになる。

サイズはムネ~カタ、めちゃくちゃホレていることもなく、トロくもない。波のピークから順序良く綺麗に崩れていくファンウェーブ

滅多にお目にかかれる波ではないが、こんな最高な日は気持ちよくサーフィンをしたい。

ファンウェーブの場合は、ノーマルでクセのない、自分が一番得意なボードをチョイスしよう。

小さい波の時のサーフボード選び

テイルに幅を持たせてフィッシュがよい。ロッカーは少なめ。

小さい波でも練習をしたいものである。

こんなボードを持っていると波のない日も楽しめる。

パワーのない小さい波は、波の力をいかにボードに伝えるかが鍵となってくる。

そのため幅と厚みはあったほうがよい。

ロッカーもなるべく反りを少なくして、波のパワー最大限拾いたい。

テイル幅は広くすると、波がボードを押してくれる。

テイルはスカッシュとピンテイルの特性を兼ね備えたフィッシュテイルが、小さい波でもすばやく反応してくれる。

オンショアの波の時のサーフボード選び

幅は広く、厚さもたっぷり。波のサイズがあるときは大きめのフィンを装着。

風で波のトップが崩され、至るところでブレイクしてしまうオンショアの波は、ボードに幅を持たせて、デコボコした海面でも安定するように。

また、ロッカーも抑えめにして、海面との接着面を増やすことで波のパワーを拾うことができる。

⇒サーフボードの選び方(初心者編)

⇒サーフボードの選び方(レベル別編)

是非、参考にしていただき快適で楽しいサーフィンライフを満喫してください。

番外編

サーフィンに疲れたときや、休憩中にこの動画で癒されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク