サーフィンスタンスチェック(レベル別)

スポンサーリンク

レベル別サーフィンスタンスチェック

スタンスは上達する上では非常に重要です。

スタンスも十人十色で様々な癖がありますが、基本はあります。

初級者

一番踏ん張れるところを把握する

テイクオフ直後の基本となるスタンスの重要性は分かっていても、テイクオフをする度にスタンスはまちまちである。

または、自分はどのようなスタンスをしているのか分からないこともあります。

まずは自分の中で「ココだ」と思えるポジションを把握しましょう。

これは回数を重ねないといけませんが、基本がなければ応用もありません。

いろいろ試してみて、自分に合ったスタンスを見つけましょう。

前足加重で上手に加速する

しっかりとテイクオフができるようになってくると、次はいかに減速しないように効率よくスピードを得るかが課題となってきます。

前足加重と言っても、前に行き過ぎればノーズが刺さってワイプアウト、後ろに行き過ぎればノーズが上がって原則する。

いかにも絶妙なバランス感覚が必要とされるわけですが、スピードを得たライディングは見違えるはずです。

絶妙な感覚はとても難しいですが、諦めずに回数を重ねて絶妙なバランスを身に着けよう。

中級者

スタンスやや広めのクローズドスタンス

ただスタンスを狭めればいいというものではなく、スタンスを広めにとって、膝を正しく絞ることが必要です。

これがクローズドスタンスです。

スタンスを広くとりボードコントロールに安定感が得られ、膝を絞ることで重心が安定し、アクションに切れが生まれます。

中級者ともなると、アクションの1つや2つはカッコよく決めたい。

クローズドスタンスは必修項目です。

波のコンディションによってスタンスを使い分け

波にはさまざまなコンディションがあります。

ということはそれぞれの波のコンディションに合わせて、スタンスも変化させなければならないということになってきます。

厚い波のときはスタンスを前寄りにしてパンピングを、ホレた波のときはスタンスをボトム寄りにしてアクションへの移行をスムーズに。

上手くなってくると自然と体が動きますが、初めは意識をして前後に移動しましょう。

これができるようになってくると、あなたのグッドランディングが増えてくるでしょう。

上級者

アクションによってスタンスを変化させる

中級者のRIOにとっては未知の世界ですが、いろいろなスタンスを取れるよう努力しています。

スタンスはとても重要な項目です。

見た目でもカッコいいランディグをしたいですよね。

周りの上手いサーファーを真似して上達していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク