サーフィン「波のしくみ」オンショア、オフショアとはなに?

スポンサーリンク

サーフィン上達に重要な波のしくみ

波のことをしっていれば、それだけいい波を見つけることができる上に、練習に適した波も分かります。

波を知ることはサーフィン上達に欠かせない大切な要素です。

波はどのようにして起こるのか

波を作る正体は風

遠い沖合いで海面に風が吹いて、波が立ちます。

その波が重なりあって大きくなり、やがてはうねりとなって移動し、岸に到着します。

沿岸は水深が浅いために、うねりは持ち上げられて波となり、崩れだします。

台風がくると波が高くなるのは、風が波を作っているためです。

テイクオフしやすい波とは

ゆっくり崩れる波がベスト

テイクオフの練習に適した波は、大きすぎず、ホレていない波です。

恐怖心もなく、本数も乗れて、急がなくてもゆっくり崩れていくような波がよいです。

つまり腰サイズのゆっくり崩れていくような波がベストです。

そのような波はパドリング力がなくても、板をある程度押してくれます。

逆に波が大きいと、体が硬直し、腰がひけてしますので、本数もあまり乗れないだけでなく、ワイプアウトして巻かれたときは気持ちが萎えます。

また、ホレた波だと急いでテイクオフしなければいけないのでバランスを崩しやすいです。

オンショア、オフショアとは

海辺で吹く風の方向を指します。

オフショアは岸から沖に向かって吹く風で、オンショアは沖から岸に向かって吹く風のことです。

オフショアは波を整えてくれるので、きれいにブレイクすることが多いですが、強すぎるとうねりが抑えられてしまい、波が崩れなくなってしまうことがあります。

オンショアは波のトップを崩してしまうので、至るところでブレイクしてしまい、ジャンクコンディションになってしまうことが多いです。

要するに岸から沖に向かって吹くオフショアがサーフィンに適しています。

リーフブレイク、ビーチブレイク(地形について)

地形によって波質が変わります。

海底が岩や珊瑚のところをリーフブレイクといい、同じポイントでパワフルな波がきれいにブレイクします。

ビーチブレイクは海底が砂で、砂が溜まったサンドバーと呼ばれるところで良い波がブレイクします。

しかし砂は軽く、簡単に流されてしまうので、波は一定ではありません。

さらにリーフブレイクに比べてビーチブレイクの方がパワーが小さくなることが多いです。

サーフィンは自然を相手にするスポーツです。

自然のことを知ることはサーフィン上達のうえでも安全の意味でも重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク