サーフィン上達の為のバランストレーニング

サーフィンは高度なバランスのスポーツです。

バランス感覚を鍛えて一気にサーフィン上達を目指しましょう。

スポンサーリンク

背筋のトレーニング

ボード上のバランスはおへそバランスなので、からだを反る背筋のトレーニングが必要です。

海に行く前に、普段あまり意識しない背筋力はつけておきたいところです。

腹ばいになった状態から、上半身だけを反って起こします。

トレーニング方法

5~6秒くらい反ったら、リラックスして休み、すぐに再びからだを反らせておへそバランスにします。

慣れてきたら、からだを反る秒数を10秒以上と長くしていきます。

肩に力が入らないように腕を曲げて行うことがコツです。

毎日5分くらいでいいので継続して行うことでからだにおへそバランスをしみ込ませていきましょう。

バランスは姿勢のトレーニングから

はじめはサーフボードに乗るだけでも苦労していたのに、慣れてくるとバランスを崩さずに、すいすいパドリングもできるようになります。

誰でもできるようになります。

バランス感覚は、訓練次第で磨かれていくのです。

普段からバランスの良い姿勢をとるように気を付けることで、少しずつバランス感覚を訓練できるのです。

片足でバランスをとってみたり、道路の白線の上を歩くなど、日常のなかで楽しみながらバランス感覚を磨いていくとよいでしょう。

ランニングトレーニングでバランス感覚

陸上競技の選手になる訳ではないのですから、ランニングトレーニングをする際にもサーフィンのバランスのトレーニングになる走り方を工夫しましょう。

たとえば、胸を張ってランニングすると、肩の力は抜け、おへそを中心としたランニングバランスが生まれます。

また、大腿部を高くあげても猫背では肩に力が入ってしまいます。

胸を反り、肩の力を抜くことで背筋だけでなく腹筋のトレーニングにもなるわけです。

真っすぐ走るのではなく、左右にサイドステップしたり、わざとバランス崩してその復元に必要な筋肉をチェックしたり。

どうせトレーニングするなら、いろいろと変化をつけたランニングで、バランス感覚を鍛えていくとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク