サーフィン上達の為のパドリングトレーニング

パドリングは海上を自由に行動するたに重要な動力です。

ともかくパドルして慣れることが必要です。

スポンサーリンク

パドリングのトレーニング

パドリングのために筋トレを考えているサーファーは非常に多いと思います。

しかし、どの筋肉をトレーニングすればいいか分かるようになるには豊富なパドリング経験が必要です。

やみくもに筋トレをしても、ただのいい体になってしまいます。(それはそれでいい気もしますが・・・)

実際のパドリングを繰り返し行って、まずはからだが覚えてからでないと、筋トレは無意味なものになってしまいます。

パドリングの練習は、ジョギングをするときのように気軽に海に行ってトレーニングしましょう。

サーフィンがしたくなるとウズウズしてきて波が小さくても海に飛び込みますよね。

海に飛び込んだらまずはパドリングを楽しみましょう。

10m~15mをフルスピードでパドリングしたら、しばらく休む。

そしてまたパドルダッシュをする。

高度なテイクオフのためには、素早くフルスピードに乗るパドリング技術が要求されます。

パドルダッシュができないと、思うように良い波には乗れません。

水泳トレーニング

もし海に行くチャンスが少ないなら、水泳トレーニングも水を感覚的にとらえる練習になります。

脚のビーティングはせずに、腕だけのクロールストロークを行うことが効果的です。

繰り返し筋肉を使うジョギング効果と、水に馴染む筋肉のトレーニングが可能です。

筋力トレーニング

どうしても筋力トレーニングをしたいのなら、パドリングと同じ姿勢で行ってください。

ボードの上に腹ばいになり、同じ水深を漕ぐ動作を繰り返し、腕だけでなく肩や背筋や腹筋や大腿部の筋肉も使う練習を行います。

パドリングは強い力で10回漕ぐだけでは役に立ちません。

1日のサーフィンではビギナーでも2,000回から5,000回はパドリングをするのです。

からだのすべての筋力を総動員して、効率の良い持久力のあるパドリングを目指すことが必要です。

早くパドリングに慣れることが第一のトレーニングです。

海に出てパドリングをしましょう。

欧米ではパドリングが海のジョギングとして注目されているくらいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク