サーフィン上達の為のライディングバランス

テイクオフができるようになってくると、次の難関はライディングです。

やみくもにボードに乗るのではなく、正しいライディングバランスを身につけることがサーフィン上達に役に立ちます。

スポンサーリンク

動きのトレーニング

ライディングのポーズは、不安定な波の上のボード上でとるものです。

だから自分が考えている以上に正確でないと、失敗することも少なくありません。

自分では良いと思っていても、鏡の前や友人にチェックしてもらうと、自分が考えていたものと違うことがよくあります。

自分の体勢を厳しくチェックしましょう。

下半身のトレーニング

ライディングポーズをしていると、大腿部がすぐに痛くなってきます。

それでもポーズをキープしようとすると、肩に力が入って、バランスは不安定になります。

からだの重たい部分である上半身をバランスよく支えるには下半身の筋力アップが重要になってきます。

筋力トレーニング

手軽にできるトレーニングは軽いランニングです。

せっかく海にいるのですから、砂浜を軽く走りましょう。

速く走るのが目的ではないので、腕の振りは意識せず、下半身を強化することを意識して走ります。

できたら腰を低くして膝を曲げて走ってください。

スクワットも膝と腰の屈伸のために効果があります。

これも上半身には必要以上の力を入れずに、下半身中心で行ってください。

足首に力が入るのも感心しません。

あくまで膝と大腿部を意識します。

バランスコントロールで必要なのは、上半身の重たさを自在に移動させる下半身の筋力といっても過言ではありません。

日常の生活はサーフィンのバランス感覚に比べて、かなりあいまいなバランスと体勢で過ごしています。

普段から難しいバランス体勢をとってバランス感覚を訓練していきましょう。

プロを研究する

好みのサーファーのライディングポーズを積極的にまねてください。

しかしポーズというのは、一コマの止まった動きです。

写真のポーズだけでなく、その前後の動きも研究しましょう。

ビデオを見るのも良い方法です。

顔が進行方向を向いているか、下半身の膝や腰の位置などに注目してください。

ただし、超一流だからできることも多々ありますので、手本になる動きは十分に吟味してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク