サーフィン上達の為のターントレーニング

テイクオフはできるようになってきたけど、横に進むだけでターンが上手くなっていかないと悩んでいる方は多いと思います。

練習を積めばだれでもできるようになりますが、トレーニングをすることで上達の助けとなるでしょう。

スポンサーリンク

下半身のトレーニング

ボードを波の上で自在に操るには、上半身を支える下半身の動きが全てといっても過言ではありません。

スタンスをとった姿勢で膝を深く曲げ、上半身を乗せた腰が前後左右にスムーズに移動できなければ、バランスの良いターンはできないのです。

膝の屈伸をトレーニングするために、膝を曲げたままのランニングも効果があります。

屈伸力のための大腿部強化にはスクワットや、片足バランスのサイドステップも効果があるでしょう。

ハードなボトムターンを目指したければ、友人を腰に乗せての屈伸運動も、どこの筋肉が必要なのかを教えてくれます。

トレーニングは、肩に力が入らないように、腰を中心にすることを意識してください。

視覚トレーニング

ターンは波の動きに連動したものです。波のリズム、ブレイクのリズムにタイミングが合わないと、スピードのあるパワフルなターンはできません。

波の動きを観察することも、ターンの上達に欠かせない視覚トレーニングです。

海岸で波のブレイクを観察しながら、自分のイメージするターンのラインを、頭の中に描くことが必要です。

繰り返し行っているうちに、自分の頭の中で、波とのリズムをつかむことができるはずです。

ターンはバランスが重要

難しいターンは避け、まずはリーニングターンそしてトップターンへステップし、正確でスピードのあるターンを心がけてください。

ちょっと格好が悪いかもしれませんが、進行方向に向かって、左右に両手を広げ、左右のバランスをチェックしてからターンしてみましょう。

バランスをチェックして、正しいターンを繰り返していれば、ターンが下手になることはありません。

しかし、いい加減なバランス、いい加減な体重移動では、からだが正しく動きませんから、ターンが上達するわけがありません。

海に入る時間が少ない時は、準備トレーニングをしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク