サーフィン プッシングスルーを使って力温存でゲッティングアウト

プッシングスルーとはスープをボードとからだの間に通して沖へ出る技術です。

ゲッティングアウト中に前方の波が崩れてきたから毎度ドルフィンスルーをしていたのでは体力に限界があります。

スープの大きさによりプッシングスルーでやり過ごすか、ドルフィンスルーをするのかを見極めることが必要です。

スポンサーリンク

プッシングスルーはゲッティングアウトで非常に有効

スープ波のエネルギー

崩れたスープ波は、複雑に回転しながら岸にやってきます。

そのスープ波を超えて沖へ出なければサーフィンに適した良い波には出会えません。

うまくスープをくぐり抜け、素早く沖に出るゲッティングアウトのテクニックは、サーフィン上達するための大事なキーポイントです。

ボード角度のコントロール

波に対して少ない角度にボードをコントロールする技術は大切です。

波に対してまっすぐ向かう

波の進行方向に対して、ボードをまっすぐにしていれば、一番抵抗が少なく波を抜けることができます。

斜めになると押し戻される

波の進行方向に対して、ボードが少しでも斜めになると、ボードへの抵抗が大きくなり波に押し戻されてしまいます。

波に対してボードが少しでも曲がらないようコントロールするパドリングの技術を身につけましょう。

横でぶつかると1トンの力

ボードが波に対してになってしまうと、ボードのボトム面は約1㎡あるので、約1トン近い波の力が加わることになります。

ボードが横になっているとせっかくのパドリングの努力が水の泡になります。

岸に近い小さなスープ波のプッシングスルー

パドリングで助走して、スープ波が来たところで、ボードのレールを持って上半身を起こし、肩や胸より幅が狭いお腹のところでスープ波を通過させます。

ビギナーでもバランスが崩れにくく、誰でも容易にでくるのがプッシングスルーです。

パドリングで助走

岸に向かってくるスープに押されないように、パドリングで助走をつけます。

波が来る直前までパドリングしましょう。

上半身を起こす

スープが近づいてきたら、脇腹のレールを軽く持ち、上半身を起こします。

お腹でスープ波を押すようにします。

胸の横のレールを持つと、腕に負担がかかり肩に力が入りやすくなるので、脇腹の横のレールを持つと腕だけでなく上半身の全体の筋肉を使って上半身を起こせます。

腕をまっすぐ伸ばす

上半身を起こして、腕をまっすぐに伸ばしましょう。

そしてスープが抜けたら、元のパドリングの体勢に戻ります。

少し大きなスープ波のプッシングスルー

ブレイクした直後でスープ波の厚さが30cm以上になると、上半身を起こしただけでは、波に押し戻されることがあります。

そこでより抵抗を少なくするために、上半身を起こすと同時にボードのテールに片足の指先を着き、3点支持でボード体の間にスープを通過させる方法が効果的です。

特にボードに浮力があり、沈めにくいロングボードやファンボードでは必ず覚えておいた方がよいのがプッシングスルーです。

レールを持つ位置

注意点はこの方法でも、胸の横のレールを持つと肩に力が入りやすくなり、足の指先にも力が入りにくくなります。

脇腹の横のレールを持つと上半身と足を楽に上げられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク